企業主導型保育園とは

企業主導型保育園とは

企業主導型保育とは、企業が主体となって運営を行っている内閣府管轄の認可外保育園のことを指します。
企業が従業員の多種多様な就労形態に対応し、自社の従業員の仕事と子育てをサポートできるよう、2016年に誕生した新しい保育園の種類です。

また、国の支援があるため、認可外保育園の中では厳しい基準が設けられており、質の高い保育を行うことができます。運営会社の従業員だけでなく、地域に住むお子さんも利用可能です。(※どちらも入園条件あり。)
運営企業や提携企業で働く従業員のみなさんだけでなく、地域で暮らすご家庭のみなさんもぜひご利用ください。

企業主導型保育園の特徴

内閣府の規定に沿った保育園なので安心

企業主導型保育園は、認可保育園と同程度の厳しい基準をクリアした、質の高い保育サービスを提供しているため、認可保育園と変わらない環境の中で保育を受けることができます。

地域企業との連携企業(共同)利用が可能

企業主導型保育園の利用枠には、地域枠と企業枠の2種類があります。
企業枠は、運営会社の従業員、もしくは連携企業契約を結んだ企業の従業員のお子さまが対象となり入園の手続きがスムーズになるので、通常の保育園よりも入園しやすくなります。

連携企業様募集について

こんなお困りごとありませんか??

  • 求人を出してもなかなか応募がない
  • 教育をして「これからだ」という従業員が、出産を機に退職してしまう
  • 保育園に入れず、仕事復帰が長引いてしまう
  • 育児疲れで仕事に集中ができない従業員の手助けをしたい

BunBun保育園を社員のお子様の 保育園にしませんか?

企業主導型保育事業とは、企業主導型の事業所内保育事業を主軸として、多様 な就労形態に対応する保育サービスの拡大を行い、仕事と子育てとの両立に資 することを目的としています。(引用元:内閣府WEBサイト)

BunBun保育園の「連携企業」にはこんなメリットがあります。

「育休復帰」

復帰したいけど、保育園が入れないということを耳にする昨今。 空き状況にもよりますが、連携企業であれば、優先的にご案内ができます!

「福利厚生による人材確保」

連携企業であれば貴社の求人票に「保育園有り」と掲載することも可能です。 加えて、運営は東邦運輸が行うので、貴社が負担する保育園の運営リスクはゼロです!

「育児をするご家庭の働きやすい環境づくりを提供」

私生活の充実さは少なからず、仕事にも影響をします。 企業に保育園があることはワークライフバランスの支えとして、働きやすい環境を提供 する1つの手段といえるでしょう。